berryswitch

ゆめからさめたゆめ

ずっと一人ぼっち

見栄っ張りな笑いかただよ

今更何を言ったって

解決にはなっていない

焼き捨ててしまいたい この身体ごと

高架下

まっくらな道の上

君がわたしの首を両手でつかまえる

そしてキスをする

遠ざかる 白くなる

せっけんの香り

やわらかな形式も疑わない

わたしはわたしに向き合ってだんだん体温が冷めていく

あはは

回復する頃にはとっくにきみにとって価値がなくなってる

 

フリーズパックして

停電の日まで取っておくのだよ

いつも君は側にいてくれたけど

わたし時間を無駄にしたんだって思うよ

喋りすぎたから

ぐしゃぐしゃになって

ぐしゃぐしゃになったから

黙るしかない

虚に言う ごめんなさい

ねえかわいそうなほどに無抵抗なとこを傷つけた?

傷なんかついていなかった

きみのお部屋に永遠に住みたかった

なにも持たないで

生きていきたかった

朝6時に目覚めて

今日もお仕事行くの?っていうと

そっと指を絡ませる

ゆく宛てもない涙を吸ってくれる

わたし一人ぼっちだから

ムリして机のうえで気失うまでムリして床に嘔吐するまでムリして求める言葉麻薬にして

ほんとだれと一緒でも

あの続き いつでも

いつも車窓から見てる景色

くだらないと吐き出しながら信じた愛情から離れられないで

燃える星の欠片を吸い込む