berryswitch

ごみ箱よ ごみ箱よ ごみ箱さん

砂あらし

室内温度の殺し合いを見た。

シアワセと呼んで

自分でもうまく説明できない気持ちを

誰かが代弁してくれた

くもった窓ガラスにラクガキ。

きみの首筋に

つめたい人差し指 あげる

もう周波数合わせないよ

どうしてもいま

シアワセになれない

どうしてもいま好きを守れない

ひび割れた唇 舐める

きっとだれとでも愛し合えるってしってるよ

男同士だから永遠なんだよ

わたし男じゃなかったの