berryswitch

ゆめからさめたゆめ

lumen

感情 ない表現に

君が君に

二度と出会えないなんてそんなのやだよ君に

芥川の死

上手なあかし

エッチな会話なら途切れないで暇つぶしの詩

少し待ち合わせ時間に遅れちゃっただけで何度も頭を下げた

最悪な憂うつで

チープ・トリック

リクエストさせてお願いよ

わたしの君の

見た目ふさわしくないニート

目覚められない才能をみんなが妬んでるそんな歌を

きみがずっと閉じ込めてても四角い部屋のなかに漂っていられる

洗濯をして窓を開けたとき

気分が晴れることまで感じてる

常識をしらないの?

四時には帰宅して軽くランニング気を遣った食事でゆっくりお風呂ストレッチしてそれが一年間毎日続いた

本物のわたしが

しあわせに似てる

昨日見た夢の内容をおもいだせなくて、また別の眠りを待っている

広場の意匠に登って、

すこし高い位置から微笑んだこの手を引き寄せておろしてくれる

歩き出すために

力が知りたい

我慢するのが一番気持ちいい

書き込みだらけの教科書を捨てた

汚いと思って コミュニケーションのれんしゅうは「君がいるからできない」のよ

絶対聞かないで

絶対気にしないで

感情 ない表現に

絶望を重ねて塗りつぶす日曜日

グループラインのアルバム写真、トーク履歴消してどうして

Treat Me Right! 二度と返事を返さないくらいに

永遠を愛していない

無宗教を盾に競い合った

私たち最初から壊れていた関係と結論するそれが平和主義