berryswitch

どうしようもない事についてよく考えています

一発勝負

 

心を燃やさないで

わたしに

同じところ使わせてほしいから

きょう、雪が降って風のない夜、血液は溢れないからだを笑え。

 

名前だけ憶えていて

わたしの

それが 吹き込まれた命の杭だ

いつも、付き合ってる虚しい感じ、夢みたいだとは言わせない。

 

君がわたしのこと

好きならば

わたしは君のことを忘れない

 

君がわたしのこと

好きならば

わたしは君のことが好きだ

 

君はわたしのことを

傷付ける

手段をとればいいだけなんだ

 

さっき、くだらない質問をした、あの男と固い握手したいから。

 

君がわたしの内部

求めれば

わたしは自由自由自由自由