berryswitch

ごみ箱よ ごみ箱よ ごみ箱さん

山本実

映画館通りに出たら映画は

もう見たくもなくなった

どっちみち時間を勘違いしていて

もう上映は終わってた

いまや説明可能な気持ちになったけど

この法のうえにいつのまにか立っていたんだね、わたし

もう暗くなっちゃった

帰路についた

つい早足になって

近頃は日が短くなって

むき出しの両手が冷たいよ

季節は青白い雲をつなぐ静電気

もう親しんでしまった

上映時間が終わっていた

この足音が好きだから

この法律が好きだから。

 

学校の教室の中に

あなたは授業の終わりを待ってる

チャイムが鳴り出すのを待って

誰にも告げずに

訳を告げずに立ち去って

明日わたしに笑いかけることができていた

「君のした事だから

それはそれだけで充分だ」

誰にも告げずに

訳を告げずに立ち去って

思いやり 取引 友情

溢れ出させるような呪いが許しきれない、わたし

信じるだけであなたを受け容れられない

 

届かなかった夢を誇りに変えることができそうだ

瞬間に訴えた

すべて犠牲にしても手に入れたいものを知った

この心で唱えた

あなたとの間にある親しみをすぐに感じ取ることもあるけれど

求めることは知らない

この愛で何か喋れない