berryswitch

つくった歌詞を置いています

君が彼女を身勝手だと言うのが

心の中で彼女をそう責めずにはいられないことが

きっと彼女を綺麗にした

そのわりに自分自身を憎ませているかもしれない

本当の気持ちを確かめる術がわからない

 

’あなたとはもう一緒にいたくもない’というだけだ

不意に傷つくことがないやり方なら

途方もない孤独を正面からみていた

猫のきまぐれさで

君がベタベタと触れたのは

欲望のない心に触っていたからだろう

 

細く開いていた瞳の奥が飴色に透き通っていた

君は目を閉じて

彼女の指先を熱心にしゃぶっていた

すぐ逸らしてしまうような

そんな視線はどこ

 

彼女はいつも失礼で御免

誰かの純粋さにぽかんとしてみていてくれるのさ

そんな疑問には答えられない

早く痛みが消え去ってしまえと

もう快楽はその場所にない