berryswitch

つくった歌詞を置いています

電球

ぷつんと切れたフィラメント

カラカラといわせて

平成の夏の星たちの上

くるくる回る豆電球

早回しじゃなきゃもうダメになっちゃった

 

今の星空を見ようと思って

わたしは欲望を空にかざし比べていた

事切れる星の激しい光を

見ようと思ったわけでもないのに

焦げ付いた熱の記憶には

この手に取って気づかなくてわたし

早回しでしかもういけなくなっちゃった

 

日焼けしたるるぶ丸めてウランの採掘にでかけよう。

固定電話で待っているらせんの弾力を弄ぼうよ。

それ自体つくり出された

絶対を根拠にしたフィクションだ

あれ、正しい道しか

もう行けなくなっちゃうの?

 

なぜ 正しい道しか行けなくなっちゃうの?

君は諦めてしまったのか。

わたしは不誠実を責められたかったんです

複雑な守られた人間に見せたかったんです

気づいたらどうするのか。

その 力量を惜しみなく示してくれる人よ

なぜ 正しい道のように照らされているの?