berryswitch

どうしようもない事についてよく考えています

flirty

見つめあうとき救いはない。今まで持ち運んだ教科書を数えてくれ。気まぐれな色を喜ぶ草のスープ。ブラックダイヤモンドに映画なクローン。じつは恋してなかった。じつは恋はしなかった。

炎と喉は守っていないだろう 大きくなった声で耳を塞がないでくれ。導かれるように目が合うときは 年齢を隠す後ろめたさもなれて そんな無理することないんじゃない。って下くちびるが重く 私は沈んだ。

 

暗い噴出孔へ。

唯一繋がる場所をふさいだ

 

私たちは 言いたい言葉ならすぐに虚空に言えるから もう一度、初めて会っても、意識を繰り返す。もう二度と、世界を傷つけないどんな靴もすり減らない。もうどこに触っても痛くない私の 絵本のページが余ってく。Always flirt with death always flirt コンビニ電池のたそがれ。小さな既読。余ってく絵本のページ。