berryswitch

ゆめからさめたゆめ

describeしたい

影を探して歩いてた

看板見上げて眩しくて顔をしかめた

漂白剤につけたバスタオルを

うとうと思い出したの

ああ すべてを気付いたけどもう忘れた

そんなときは頭に浮かんだ詩をひっぱり出せばいい

 

ああいうのは 片腹にささった針が抜けないんだって

 

僕は野菜じゃない 我慢なんてまっぴらごめんだって

 

きみを裏切った心をふしぎな程に受け入れてるって

 

自分を誰かにあいしてもらうことが必要なんだって

 

できもしないよ 悩み疲れたときほど強く繋がれてるよ。

 

この道を裸足で歩いたら痛い

蜘蛛の子を散らしたよ

中学生服男の子が横一列で

徒党を組んで歩いてる

ああ 全てを認めてたけどもう忘れた

降りそそぐ雨粒はゆっくり 頭の上からたれていけばいい

 

ああいうのは 片腹にささった針が抜けないんだって

 

僕は野菜じゃない 我慢なんてまっぴらごめんだって

 

きみを裏切った心をふしぎな程に受け入れてるって

 

自分を誰かにあいしてもらうことが必要なんだって

 

できもしないよ 悩み疲れたときほど強く繋がれてるよ。