berryswitch

どうしようもない事についてよく考えています

月の瞼

ひいては寄せる波が飽きないのか私たち 違うことを考えておかしにきて わたし子供だね。君から見たらわたしけっこう子供だろ ひいては寄せる波のように会話の形はふたりでひとつに じゃれるけど。さみしいんだ聴こえるはずないもの全部 打ち上げられた巻貝の…

電球

ぷつんと切れたフィラメント カラカラといわせて 平成の夏の星たちの上 くるくる回る豆電球 早回しじゃなきゃもうダメになっちゃった 今の星空を見ようと思って わたしは欲望を空にかざし比べていた 事切れる星の激しい光を 見ようと思ったわけでもないのに …

0.00001

太陽の渦巻く季節DesertRose - はがれて 止まった時計が微笑んでいるKind of a garden - おもいで スイーツを食べ放題のチケットを手に入れた もらったポケットティッシュがアドヴァタイズ残した 雨水が底にたまったポリ袋のようだ 渋滞してくイチョウの並木…

バックスクリーン

バックスクリーン3連発 わたしの価値が わたしの価値が わたしの価値が あなたによって決められる 気がする のは気のせいだよ そうだ わたしの価値は あなたによって決められる それが社会の常識だ わたし 社会の常識に あなたの死にざまに 興味津々だ この…

新緑

四桁のパスコード 習慣的愛着の言い訳ができる 大事な人の誕生日 吸い尽くして泣かせてくれるじゃん 枯葉臭い たばこ 芯の残る たばこ 瑞々しくて たばこの葉も風に揺れる 不要なメントール 真実の口から言い訳ができる 大事な大事な長財布 よくもわたしに預…

君はもう体験したか?

会いに来てよ リップ忘れた ポエム書いてよ あなたのこと傷つけるつもりじゃないけど評価してあげる 買い物に行ったけど 違うものが増えてく、そんな私 君はスズキのジムニー エンジン音を覚えているか?思い出す振動 信号待ちのあいだには もやもやとした煙…

冷静

わたしはとても冷静だ それなのに君は正気じゃいられない。 「君の悩みがぼくの悩みだ」とゆう それで、許さないで と 抱きしめている。ぎゅっと抱きしめている 離ればなれでいいじゃない。私たち2度とはなさなくて…。 君は新聞紙と空気をズルして 加速させ…

天使の販売士

そこのお兄ちゃん ちょっとまって ケータイ忘れてる きみは素敵だね カッコいい 女の子が寄ってくるでしょうね 社会には冷めた視線を向け 無自覚な愛に囚われた 無口さ 前髪が長い ディスプレイのブルーライト 反射して青白いその顔 犯罪者役のイケメン俳優…

crazy hours

はだ色から遠く離れたまっすぐな腕だったらいいのにと思います 乾いた夏のようなふしぎな手のひらだったらいいなって思います ばさばさで 固めたようなまつ毛のうえに 前髪がかかっててすこし動き出す 狂った時計の針ように 選ばれた髪の一本が まばたきが …

ぬるぬると ゆらゆらと 元どおりに纏まる水色の髪 排水口からもっと嫌味な音を立ててる そんなにさみしいか あさがきて 意味はないのか。 たりないか。 痛むのか。 涙をすするのか。 あさがきた 意味はないです。 たりてます。 痛みは引いた。 涙は流れませ…

憎む人

刀のひとふりで退けてしまえると思っちゃった愚かな奴 それがわたし だから間違った わたし間違った もう許せはしない!許せはしないのか? ほら来た!好きなタイプという質問 あるって言わなきゃ 間違ってない完璧さもダサい ほら早く!早く!早く!適当な…

ボーカリスト

人並みに埋もれそうな作文 ヒンヤリ感 肌を守る。待機した産まれそうな反射神経 黙示録 なぞを守る。さっぱりとした香り。しっとりなビタミンC誘導体 睨みと諦めが絡みつき さびしさとか 勇気を知らないまぶしさで 鱗のようにはげる 半端なメイクのあの人を…

林檎

見つかっちゃった あのね私は何ともないと 大丈夫と応えてしまうような法則を有する 優雅な気分になって 富士山麓のミネラル 枕元にあらわれた 大丈夫だ。いま救急車を呼ぶような状況に躊躇もする 見つかっちゃった ピアノが上手に弾ける楽しい魔法か 分かっ…

あいのはなしかい

都市を泳ぐイルカが空気を憎んだ 脚立支えた人を恨んだ 尖っていない包丁が焦げ付いた 唇が湿って黴が生える ところで消費税入りランチ1296円 スプーンでジャムぬった フライパンになたね油のせた 柔らかさあきらめて味付けた 丸く2枚がさねのホットケーキ…

光り採り

ゆめゆめ ゆめゆめ忘るる勿かれ ミルクは豆乳で補って 余りある肌色のへこみ 集中線 トップコートがはがゆい 減衰に光沢ったシンメトリック 前髪を切ってみようかなー。 せっかく言えたはずの文句が ダメになって塞ぎ込むと 薬用美白クリーム塗りたくる あん…

詰めかえる

過去は行き当りばったり篭ってた 指先を切ってあけた蛹が 瞬間で懲戒免職受け取った ぼんやりキーボードの上 痛みと離れて指が裂けたのは 滲んで跳んだ錯覚なんだろうか 虫みたいにこわい動きだな どんより花の匂いがした 荒野に立ってるときもちいな (悲し…

dairy

https://www.youtube.com/playlist?list=PLDO-NV73oMHSWrjttr7Ov9N2HX5icyvT-

clumsy・mild・virtual

フォロワーがみんな消えた ワタシは私好きなひとをフォローしてる 私好きなアカウントをフォローしてる あっバイトの面接忘れた 勇気出して声変りしたのに みんな無視するから酒飲んだ バーチャルな世界がおかあさんを求めてた ママ大好きだった すべてのも…

ロンリー

布団にこもってる 暖かい 朝の陽射しは 冷たい風の中で shoe polishをさがしに戸棚を開けた 瞬間から ごみ出しはとっくに済ませていた 布団からでようよ 暖かい カーテンはちぎれそうな性格だ 朝食の玉ねぎが刻まれた アメ色に フライパンの上が空間へ繋がっ…

iconic

模様だらけだTuesday Falsetto from a rocket くっついて甘ぁくなったグミをかむ アンビバレンスソルジャー オレンジ色のiconic stars My pocket has a hole 速くなって頑なんなった地球の地面まで 犬のように走ってく うけとめて うけとめてよ 冬になって …

🌻

What happened to your eyes ほとんど不可能な浪漫だから 自分の想いは眠りの外へ深く伝えている What happened カウンセリング化粧品を以って 見たくもない顔面の曲線を実験台にしよう シャンプーは泡立ちます ドライヤーで潤ませたい 愛と仮面と余分な愛 w…

深い爪

水洗トイレの音怖くて体が震えてた 君もあの人たちもあなたも心の隙間で メールください メールください メールください 電話じゃ名前を聞かれて答えることができないから 名前ないの?と聞かれたんだ そうだ。そうだね。 爪を切る それで全て失った気になっ…

少女漫画

まったく ここにはおしゃべりな奴らが多いな ふらふらしているやつは死ぬべきだ 過ぎし感傷はそれぞれだと言うが 漫画みたいだった教室のなか 今ならあこがれた日々にもできるだろう あなたのパンツがみえそうで だるまストーブがうなりだした わたしとふた…

flirty

見つめあうとき救いはない。今まで持ち運んだ教科書を数えてくれ。気まぐれな色を喜ぶ草のスープ。ブラックダイヤモンドに映画なクローン。じつは恋してなかった。じつは恋はしなかった。 炎と喉は守っていないだろう 大きくなった声で耳を塞がないでくれ。…

赤い爪

くだらないなぼくは 狂っていくのに笑顔とかが 歩くのも死にざまみたい 言葉からは逃げた 燃えさかる遅刻の国から ロックンロールバンド ロックンロールみつけた 盗まれた自転車はどこ? 盗まれた自転車の鍵が ちぎれて痛い♡とかがうざい 背筋から拒んでいる…

明滅

朝から夜まで起きてたんだ 白い空 蝶の鱗粉をきらめかせて 目を閉じるときここにもやってくる 温かい暖かいぼくの死にざまが だけどあからさまに揺れる太陽 黒い鏡にキスしておやすみ 目を閉じるときここにあったような優しさも おつかれさま。 おつかれさま…

prepared mind

夜は詩を打ちこんでる 翼はシベリアをこえて 舌はヨーロッパ旅する なんて冗談でしょ… 潮風ミニスカートじゃ 似合わないすてきなさよなら 映画が始まる5秒前 ケータイを生き埋めにして 自分のためには怠惰なんてしてはいけないよ。 軽自動車のあふれるビート…

プラネタリウムの良い席

私の一生がただのラブソング 酔っぱらえないならお金はらえない お金払えないから酔っぱらえない さみしいよ 理解はどうでも良い ハードコアからロックンロール 水たまりに映る顔 くらむ舌 レモン一かけアイスピーチティ 晴れてるよ 充血したレンズ ランダム…

エーテル

恋もいいけど愛もいいけど恋もいい 恋もいいけど 愛もいいけど恋もいい 淀みの中はどこがましだろう? こんな涙が精一杯だから もう誰もを捨てても後悔がない 大きな水玉模様に似合わなくなった ぼくら5歳児から大人になりそうだ ぼくら地球儀の上で観測さ…

また明日

ごめん 明日まだ 冷たい風に刺された耳赤くしてる 日差しが眩しいだけだ そんな風に思いきり隠さないでください 春の風が舞い上がって空は鳥になる スローモーションのよう わたしまだ キャリーバッグから溢れそうで怖いおはよう 溢れそうでごまかすお疲れさ…