berryswitch

どうしようもない

学位記

おめでとうございます

冷たい朝飯と

余り物の優しさで

ゴミ屋敷 安心感 食いつないでる恥知らず

お母さんが前髪をまとめてポニーテールにしてくれた朝に

初めて鏡を見たんです

同情を軽蔑するたびに

こびりついて落ちなくなった汚れだった

 

一人きりの責任を一人きりで負えるようにってみんな覚えたね

期限は守らない

シナモンシュガー

夢は見過ぎない

皮膚科の塗り薬

疲れ切ってお風呂空くまでソファで寝てるまた明日も仕事だって

金銭・提供するひとが決定権を持っているじゃない

空気のように流れ込んでくる

一万円は一万円札

鈍くていられるふりをする

ふさぎこんで下を向いて

歩いてるわたしほんとうに幸せじゃないはずだよね

ってそりゃそうだよね

今どきの

優等生が入るとゆう

国立大学法人

進路相談室の充実感と

食堂のメニューリクエストへの返答

手足は冷たいままずっと

恥ずかしくない規模で

涙を止められたら

無心で数字と愛し合っていられるときがもはや神聖だ

 

 

こんなんじゃ

きみにもう二度と出会えなくなる

それはわかってる

きみがわたしに話しかけてくる

リアルな夢を見て

すこし楽になれる

そんな幻が現れた朝のほうが

ずっと冷静になれる

愛にローンを乗せて

平気に笑っている顔で

平気に笑ってる

 

 

ねえとっくに終わってる

毎日が終わってる

夕暮れ空が、恋しい気分だけで

飛び出してきた

真夜中の公園

広々とした駐車場

彼が目を細めて、投げ出した無傷の足をなでている

純情が挫けていくよりもはやく

純情が挫けてくより

 

うそにうそを

重ねる

信頼の上に成りたっている関係が

うそです

ごめん

きみのきらっている

うそです

排除してもしきれない不安をぶつけて

きらってください

うらぎりのあじ

あじわってください

 All right I AM SURE

うそをついて

ごメンなさい

命令をさせて

ゴメンなさい

ゆるしを請うて

ゴメンなさい

改善の余地のない

かんペキなうそで

ごめんなさい

感情 ない表現に

君が君に

二度と出会えないなんてそんなのやだよ君に

芥川の死

上手なあかし

エッチな会話なら途切れないで暇つぶしの詩

少し待ち合わせ時間に遅れちゃっただけで何度も頭を下げた

最悪な憂うつで

チープ・トリック

リクエストさせて

わたしの君の

見た目ふさわしくないニート

目覚められない才能をみんなが妬んでるそんな歌を

きみがずっと閉じ込めてても四角い部屋のなかに漂っていられる

洗濯をして窓を開けたとき

気分が晴れることまで感じてる

識ってるんだから

ルーメン

四時には帰宅して軽くランニング気を遣った食事でゆっくりお風呂ストレッチしてそれが一年間毎日続いた

本当のわたし?

しあわせ

昨日見た夢の内容をおもいだせなくてわたしはまた別の眠りを待ってる

広場の意匠

すこし高い位置から微笑んだこの手を引き寄せておろしてくれる

歩き出す?

答えがほしい

我慢するのが一番気持ちいいってことを教えてるみたいだった

教科書を捨てた

ローディング コミュニケーションのれんしゅう「君がいるからできない」って

絶対聞かないで

絶対気にしないで

 

感情 ない表現に

絶望を重ねて塗りつぶす日曜日

グループラインのアルバム写真、トーク履歴消していく

Treat Me Rightでも二度と返事を返さないくらい

きみを愛していない

競い合う無宗教人たちが

最初から壊れていた関係と結論するそれが平和主義

 

 

 

ゆず ゆず

また電話無視した でしょ?

何も考えず

深く眠るため

Calculation finished.

要求 : ゴメンなさい

 

ゆず ゆず いよかん おれんじ

うふふ どっちだろう

ね 今日ずっと寝てた

閉ざされた扉がひとりでに開いて

そこから先は空の中を泳いでく

ね 空っぽのゴメンなさい

なにひとつ取り入れられない思いたちよ。

銀行のATM

君次第でここも合法地帯

で、手数料がかからない

わからない?機械じゃない

機械じゃない?

泣かないで、なんていったとき

こんな感情でゴメンなさい

ね ほんとゴメン

許してしまいたい気持ちさえ分からない。

 

守りたい

きみの白い夢

だって弾き出されたときに出会うすべて

Systematic 過去じゃなくていー

恋 : 現れてもう消える

 

両目は鋭い輪郭をして

瞳が焦がした飴のように居座ってる

守るのが必然

ならわたしを破りつづける役割が

固まり始めたら

そう言って 止まらないで

 

マイルーム

掃除して

ゴミ屑が見当たらない

わたしのゆめ

剥き出しなヒトの白い肌

さわやかな香りを残して

一瞬をこの手につかむよ

ゆず ゆず みかん おれんじ

ね 負け惜しみ

許してしまいたい気持ちさえ分からない。

 

今ならやれると意気込んだ

同じくらいの思いがあって

雲間に虹もみえた

いつまでもリアルじゃないところに心があるからって

きみを忘れられなくなる

覚醒の時が来て

それだけじゃ

冷たく伝う

血をみないでは

起き上がれない

まっすぐに通る美しい形を

人差し指でなぞる

想像が繰り返す

逃げ出した日だけ

きみに向き合えるようになっていくことが

止められない

冷蔵庫のあり合わせ素材でつくって

そのあとに出会った

一人一人に美味しさを確かめてまで

とても満たされない

ここじゃないどこかに答えがあることが

わたしを動かして

届けばここに

強く引き戻されてる

あのひとは何も言わずともあなたのことを 心の底では大切に思っています 愛を信じて 待っていましょうとか

一緒にいても傷つけあうばかり もう愛は終わっています これからの為にここできっぱりとお別れしましょう、とか

センチメンタルな

わたしの優しさはセックスの布石だけど

きみの造形は究極の個性

覚醒の時が来て

それだけじゃ

起き上がれない

冷たく伝う

血をみないでは

起き上がれない

 

 

やりたい

今日はやれるとおもったか!

実は、

だれも傷付けない

メルヘンチックな

嘘をすきになった…

麻痺してわらっていた

急いで揃えては

夢中でたいらげた後に

食器をあらえないよ

あたたまってゆく布団のなか

うっすらと

涙ぐんだりする

幸福感がくせになる

 

ここに居た

あのふたりの

偽りでもいいという

幸せを課して

なにも知らずにいる

あのふたりの

まるで裏切られるためにあるような

幸せを消して

消してやりたい

 

 

成り行き通り

触れ合うことだけ

拒まれて

君が去っていく

一瞬の動揺も

よそよそしさも

すぐに立ち直って

ここから姿を消してしまう

結論めいた

特別な特別な

文字を消し

なおす

整える

読み返す

もともとなにも感じないことにしておいて

かたちだけ知り尽くした

わたしのやせ細った言い訳が立ってる

心を開きたいの?

毛先のハネをおさえても

整えられた髪が午後にぺたんこだって

逃れられない刻が来る

いつか

分からないふりもできること

できるのに!

できるのに!

できるのに!

 

ここに居た

あのふたりの

偽りでもいいと願うほどの

幸せがわたし

なにも知らずにいる

あのふたりの

まるで裏切られるためにあるような

幸せを消して

消してやりたい

 

マッチ1本の赤り

 

ゴミ箱に

また毎日を過ごす

綺麗なままのカレンダーを破り

くしゃくしゃにして

あのひとの姿がとても眩しく見えるなんて

見っともない口実

つけて

それからはかわいいものが分からなくなる

正面から見て、くれたって

もはや応答もない別のひとのことがどんどん欲しくなって

優しく触ってくれないきみに

優しく触れて打ちのめしたいばかりだ。

 

 

【きみは非常に効果的なやり方で拒まれた。

一刻も早く自発的に立ち去ることを求められた。】

 

 

笑えないうそがペラペラと口をついて出るとき 笑うこの顔をうすら灯りの中に見た気分はどうか?

でも そうして

きみが特別に求められたいんだってわかるよ

みんなひとりぼっちだとわかるよ

正しい?

正面から見て、くれたって

もはや応答もない別のひとのことがどんどん欲しくなって

優しく触ってくれないきみに

優しく触れて打ちのめしたいばかりだ。